引越し作業のコツ

引っ越し作業には意外と時間がかかるものです。
特に各引越し業者の「おまかせパック」などを利用しない場合には、自分ですべての荷物を段ボールに詰めなければならないので思った以上に手間がかかります。
そこで引っ越し作業をするにあたって効率的に作業を進めることのできる方法をお教えします。

 

まず作業を開始する前に、現在の間取りや家具の配置と、できれば引っ越し先の間取りと予定のレイアウトを紙に描きだしましょう。
各家具に番号を振ってどの家具がどこにくるのかを分かりやすくしておきます。

 

いよいよものを段ボールに詰めていきますが、この時要らないものの整理も一緒にしましょう。
ずっと使っていないものや捨てるかどうか迷うものは積極的に捨てましょう。
そうすることで詰める荷物も減りますし、引っ越してみると意外に現在よりも収納スペースがなかったということもあり得ます。
なかなか家中のものを手に取ってみる機会はないですので、この機会にすっきり片づけてしまいましょう。

 

そして段ボールにものを詰めたら、中身の簡単な品名と共にその物が入っていた家具のレイアウト番号を一緒に振っておきます。
そうすると現在の家具やその中身の配置は記憶にしっかり残っていますので、一目見ただけで中身が何でどこに置くのか分かります。
引っ越し業者の方にも新居のレイアウト図を渡すと収納したい場所の近くに段ボールを置いてくれるので開封する時にも便利です。

 

 

ひとり暮らしの部屋探し

ひとり暮らしをするために、物件を探し始めて3カ月目に、ようやく自分の希望の部屋を見つけることができました。
ひとり暮らし用の物件は数は多いものの、2階以上・バストイレ別・コンロ2つ以上・角部屋などいろいろと条件を設定すると、物件の数はぐんと減ってしまいます。
また、ネットで木造の建物は隣の部屋の鼻歌が聞こえるとネットで読んだので、軽量鉄骨以上の建物で探していたので、ヒットする物件が少なかったです。

 

そして、写真だけでは雰囲気まではわからないので、実際にいろいろな物件を見に行きました。
都内のアクセスが非常に良く、ひとり暮らしとしても人気の地区の物件の中には、間取りは抜群なものの駅から徒歩15分以上であったり、コンビニエンスストアが建設中であったり、直接足を運んでみないと分からないことが多くありました。

 

最終的に選んだ部屋は、角部屋ではないもののほかの希望の条件はほぼ満たしており、周辺環境も良かったので、決めました。
部屋はシンプルな細長い1LDKの部屋で、大きめのクローゼットが部屋に設置されているので、洋服や小物なども多く収納できて、とても使い勝手が良いものでした。

 

キッチンのコンロは2口でしたが火力が良く、お手入れもしやすいものだったので、料理をする時間が楽しかったです。
部屋探しを終えてみて、もう少しだけ時間をかけていれば、より条件に合う部屋を見つけることができたのかもしれないという気持ちがあったので、できたら思い立った時に探し始めるのが最適なのではないかと感じました。

 

 

階段で遊びます

大阪にいたころ、若いお母さんと知り合いになりました。
安室奈美恵さんぐらいです。
男の子3人を頑張って育てていらっしゃいました。
それでも、あまりにも若かったです。

 

住んでいたマンションが、6階建ての駅前のマンションで、テナントもいくつか入っていました。
階段はうち階段だったのですが、なんと、いたづら好きな男の子のお友達が、その子のところに遊びに来て、その階段で放尿をするという遊びは流行ってしまったのです。
うち階段なので、相当に、においもきつかったのかもしれません。

 

次男がその長男の遊びを目撃して、おかあさんに報告しました。
厳しくは叱らなかったようですが、お母さんはしなかった遊びなだけに想像外だったそうです。
女の子の兄弟で育った人には、男の子の兄弟の生活はきついですよね。
驚きの連続です。

 

うちも2人男の子の兄弟ですが、相当に体力もいります。
家の中も、濃い色合いのものが多く、パステルな色遣いはありません。
女の子が欲しかったとなると、それは、つらいかもしれません。
もちろん、大きくなると、女の子も男の子も親を相手にしてはくれませんが、中学生ぐらいまでは、女の子のありがたみが多いのではないかと憧れてしまいます。

 

 

知りたくなかった衝撃の事実

夫の実家ヘ行くと、夫の母親が気前良く支払いをしてくれるので、ずっと申し訳ないと感じていました。
ベビーシートやベビーカーをレンタルしてくれていたり、温泉に連れて行ってくれたり、美味しい食事に行ったりとしてくれていました。
何度か、自分の分くらいは支払いたいと申し出たことがあるのですが、そんなものは受け取れないと断られてしまいました。
こちらから何度も申し出るのも、逆にいけないことだとおもい、言うのもやめました。

 

しかし、何かお礼をしなければと思い、高級な紅茶のセットを送りました。
自宅の紅茶を切らしてしまったというのが聞こえてきたので、このセットを選びました。

 

ところが、後日いつも夫が母親に現金を送金していたことが発覚したのです。
しかも、私達のために使ったと思われる金額以上の送金だったのです。

 

よく、自分から遊びにおいでと言っておきながら、息子からお金を取れるなと思いました。
そのことは一切私には言いませんし、私は私でお礼をしていたのが馬鹿みたいです。
夫も夫で、私がお礼をすることを事前に相談した時に、そんなものは要らないと言ってくれれば良かったのです。
私は、自分の子供が家族で遊びに来てくれた時は、絶対にお金は受け取りたくないと思いました。

 

 

引越し準備で一番大事な事は時間とリサーチです。

親元を離れて5度目の転居をして色々と学んできました。
まず引越しに大事なのは時間です。
実は先月引っ越しをしました。

 

結婚してから初めての引越しだったので自分の分と旦那さんの荷物の荷造りに凄く時間を費やしました。
なぜかというと今回は3LDKから2LDKに移動の為捨てるものと持っていく物の整理に時間を費やしたからです。

 

自分の物ならこれは居る、要らないと決められても旦那の物は勝手に決められない為ほったらかしにしていたらあっという間に引越しまであと数日しかないなど慌てる日々を過ごしました。
その他にも旦那さんが荷造りを手伝ってくれないので一人でしたというのもあり、当日までばたばたし、寝不足のまま引っ越しをしました。
自分で荷造りをするなら前もってやるべきですね。
私は3週間ほどで荷造りをしましたが時間が足りなかったです。
引越しをするなら最低1ヶ月前くらいからするべきでしたね。

 

そして今回3LDKから2LDKに移動して分かったことは部屋のサイズをちゃんとリサーチする事です。
そんな事当たり前だと言われるかもしれませんが、今まで使っていた冷蔵庫と食品を置く棚を新しい家で設置したら今まで使っていたゴミ箱を置くスペースがなくなりました。

 

後はクローゼットのハンガーを掛けるバーの位置の所為なのか今まで使っていた衣装ケースをクローゼットに入れるとコートを掛けられなくなり衣装ケースはクローゼットの前に置きクローゼットを閉めることが出来ない状態で今使っています。
片付けようと思っていても毎日仕事から帰ってきて家事をしていたらそこまで時間が取れず引っ越して1ヶ月たちましたが物が溢れている状態です。
引越しの際はサイズのリサーチと配置を決めて不要なものは捨てるようにしないと、転居後にも手間が掛かりますね。

 

 

関連サイト

 

引っ越し業者

 

こちらは管理人が運営する姉妹サイトです。
引っ越しに関する情報、費用を安くあげるための一括見積もりなどについて紹介しています。
興味のある方は訪問してみてください。

更新履歴